山梨県弓道連盟山梨支部 山梨市体育協会弓道部

大会・活動報告 (2019年)

大会・活動報告

■射行点描   2019年12月19日更新

令和元年12月19日 古い弓を頂戴いたしました。
ご近所の方から「俺が中学に入ったときに爺さんがくれたもんだが、持って行け(本人談)」
と言われて二張り拝領してまいりました(笑)
Before
かなり埃だらけで籐巻、握りも風化しておりましたので、弓具店へ依頼し少し綺麗にしてもらいました。
御年83歳の方が中学入学ですから・・・・最低でも70年前の弓ということになります。
慎重に張り込んでみました、上関板と弦の相打ちが広いので尾州成のように見えます。
柔らかい弓は無銘、硬い弓は銘がありますが判別つかず。

・柔らかい弓は厚み約1cm、吊り秤で85cm引いて約8kgの強さ
After

・硬い弓は厚み約1.8cm、吊り秤で85cm引いて約19kgの強さ 所謂6分以上の弓として、当時はかなりの強さがあったのではないかと推測いたします。
After
実際に引いたら粉砕するかもしれないので道場に飾っておくのが良いのでしょうかね。

■射行点描   2019年9月5日更新

8月30日~ 福岡市での審査に参加して参りました。
航空機や路線便での弓具輸送のために用意したケースの出番です。
 
Before
弓の裏反りが大きすぎなければ収納OK
弦を張った状態で二張り、弦を外した状態であれば6~8張は余裕で入ります。

博多空港は流石九州一の便数を誇るだけあって発着および駐機している航空機も多いですね。
After
到着日はにわか雨。
九州を襲った集中豪雨は収束したものの、被災をされた地域の早い復興をお祈りしております。

今回の審査会場は「博多の森弓道場」
福岡空港からほど近い広大な東平尾公園内にある弓道場です。
After
After
道路を挟んだ向こう側にはJリーグ「アビスパ福岡」のホームスタジアムのレベルファイブスタジアムがその雄姿を誇っており、審査当日は多くのサポーターが集まっておりました。

弓道場は近的射場の控えが広く取られておりました。
After

その代り、道場内の奥行きは少々狭くなっており、入場の礼から本座まで3歩3歩の距離でした。
After

控室として遠的射場が利用されました。近的射場同様手入れがされた矢道に敬服です。
After
審査はスーパー大前。。。
結果は残念でしたが収穫の多い一手行射となりました。精進精進。


さて、復興のためには現地でお金を使うことが大事です!
ということで雰囲気良さそうなお店で地元の物を味わいましょう。。
After
After
串揚げ。
こちらがストップをかけるまでメニュー順に出続けるシステム
全31種中20種目でストップ!

「赤鶏のびっくり焼き」と「地酒3種飲み比べセット」
アツアツの鉄板を傾けて特製赤辛味噌を鳥を炒めた油で溶かしながら食べるスタイル」
After

そして博多と言ったら「牛もつ鍋」(水炊きもあるよ) 油も程よく美味美味。
After
まだまだ名物ありますが、お腹がいっぱいで目で楽しんできました。
残りはまた次回来訪時に取っておきましょう。

今回もほぼ食レポ状態ですが、しっかり取った栄養を元に射品射格の向上を目指し励みます。

■射行点描   2019年7月30日更新

令和元年7月27日28日
全日本弓道選手権大会(天皇杯・皇后杯)関東ブロック予選会視察(上尾市)
来年度山梨県で開催するため視察員として参加して参りました。
前日から開催地連の皆様が準備に大忙しです。
Before

リハーサルは本番さながらに真剣です。
After

さぁ始まります。
After
関東地域10の地連から男女各4名、男女各40名からそれぞれ10名の関東代表を選出
After
場内は静まり返り、観客席では咳一つも憚られる雰囲気 弽の拇指が引き伸ばされるギリ粉音、弦音、的中音のみが響き渡ります。

二次予選では10名の審判委員の先生方が眼光鋭く選手の細かな動きまで見極めます。
After
二次予選は一次予選通過者15名で争われますが、一次予選の点数は考慮されない。
選手は一次予選以上の射を見せようと気合を漲らせ入場してきます。
さすがは関東の上位を決める大会、演武は素晴らしく全員が全日本へ出場できないものかと思ってしまいました。

結果、山梨からは男子1名、女子2名が選出!! 本大会での活躍を期待です。
After
全競技が終了し、熱戦が行われたことが嘘のように静かな道場。
来年は私も選手としてこの熱戦に参加すると心に誓いました。
(視察員の仕事はレポートの提出でしっかりと果たそう!)

なお大会開催にあたっては総勢60名もの運営役員の皆様が支えておりました。
大会や審査会は選手だけでは運営は難しいものです。
選手として参加機会があるときは感謝の念と謙虚な気持ちで臨みたいものです。

■射行点描   2019年6月3日更新

5月26日 毎年恒例の春日居町の「山梨岡神社奉納弓道大会」に参加して参りました。
Before
いつもお世話になっていることもあり、当支部員も多数参加および設営準備のお手伝いをさせていただいております。

良い天気に恵まれ射会日和です!
After

競技開始前の控え風景
緊張しながらも楽しさを満喫です。
After

我らが部員の射姿!
胴造りも堂々と、良き結果が見込まれます。
After
結果は・・・・・・記録として残せず!!!!!
発して中らざるときは、即ち己に勝つ者を怨みず、反ってこれを己に求むるのみ(礼記射義)
精進あるのみ

■射行点描   2019年4月2日更新

3月31日 浅利道場にてお花見射会に参加して参りました。
Before
桜の花が矢道を飾る明光風靡の中、弓と己の心に向かい合います。

山下選手が優勝し、山梨支部の面目躍如です!!
After
弓春到来です。

■射行点描   2019年3月15日更新

工事進捗状況 完
 (Before)
Before

(After) 3/14 工事完了です!
After
小上がりがあった部分が床になりました!
これで入場から本座までの歩数が小瀬スポーツ公園弓道場とほぼ同じになり、一つ的射礼、持ち的射礼などの射礼も余裕をもって行うことができます。
収納庫の扉も大きくなり、より使いやすくなっております。

後は竣工式を待つのみです。

山梨市役所生涯学習課および工事に携わっていただいた皆様、ありがとうございます。

■射行点描   2019年2月15日更新

工事進捗状況 第三弾

まずは2月1日 前日の雪で薄ら積もった矢道
2019年2月1日撮影
これくらいが綺麗で良いですね。
思い出すとやはり異常な積雪だった2014年(屋根からの落雪で安土前に壁が!)
2014年2撮影
矢が通るところだけ頑張って除雪しましたが、約2週間かかった覚えが。。

さて工事進捗状況です。 2月1日 天井も概ね完了のご様子。
2019年2月1日撮影
2019年2月1日撮影
畳の小上がりの部分は他の床面と合わせるように下地が敷かれております。

2月14日 収納庫(床)の段差が解消。扉、名札掛けが元の位置に。
2019年2月14日撮影
扉の開閉がスムーズになっておりました。
工事期間もあと少し、作業にあたる皆様の安全を祈願いたします。

■射行点描   2019年1月25日更新

工事進捗状況 第二弾

1月17日 (雨漏りの多かった北側天井が外されている)
2019年1月17日撮影

1月25日 (天井が一部張替られ照明も交換されておりました。明るい!)
2019年1月25日撮影
着々と進んでおります。
作業に当たられている皆様、ありがとうございます。

■射行点描   2019年1月8日更新

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

山梨支部の主たる練習道場である山梨市総合体育館弓道場が、武道館および弓道場の経年劣化に伴う改装工事として昨年10月1日から今年3月31日までの6か月間使用ができなくなっております。
各自の練習、稽古は他支部のご厚意に甘えながら欠かさず行っているところです。

さて、新年最初の射行点描、工事状況のご報告で始めさせていただきます。

まずは12月11日の状況(工事に向けて掲示物が全て外され、畳が上がっている)
2018年12月11日撮影

1月8日(奥の小上がり撤去され、天井作業用機材が鎮座)
2019年1月8日撮影
次回を乞うご期待
部員募集中 部員募集中